プロジェクト

連絡先
ワーゲニンゲン大学・研究

オランダ、ワーゲニンゲン

セレレッド研究温室では、ウイルス、細菌、真菌、寄生線虫による植物病害の研究や遺伝子組み換え生物の研究など、重要な研究が行われています。Bosman Van Zaalは、63区画も含む4,000 m2の温室の主契約者として選ばれました。

2019

ワーゲニンゲン大学・研究

B4HydroGrow

オランダ、ワルメンホイゼン

オランダで最初の完全自動化された水耕栽培のプラスチックフィルムハウスは、B4HydroGrowによって所有されています。Bosman Van Zaal はこのプロジェクトの開発に密接に関与し、温室の暖房と育苗セルの環境調整を実現しました。Indigo Logistics社の管理ソフトウェアISALが追加され、育苗セルには、LED照明を備えたユニークな階層構造システムが含まれています。

2019

B4HydroGrow

オランダ、ワーキンゲン

最も近代的な胡蝶蘭生産者の一つであるTer Laakに、コンテナ輸送システムをベースとした物流栽培設備を提供しています。このシステムは、当社の姉妹会社であるIndigo Logistics社が開発したISALソフトウェアで制御されています。栽培面積は175,000 m2。

2018

Ter Laak Orchids

事例を見る

ドイツ、モンハイム

Bayer本社(ドイツ・モンハイム)では、11,000m2の大規模研究施設を開発しました。複合施設には133の区画があり、それぞれ気候、水、空気、光、輸送の面で個別に制御することができます。

2017

Bayer CropScience

事例を見る

アメリカ合衆国、ウエストラファイエット

パートナーのAgriNomix、Aris、Indigo Logistics、PhenoKeyと共に、私たちは7,000 m2の管理された環境での品種改良センター(CEPF)を開発しました。このセンターには物流栽培システムが統合されており、高さ4メートルの植物がさまざまな栽培室とハイパースペクトルカメラに沿って誘導されます。

2017

パデュー大学

事例を見る

エジプト、カイロ

カイロ在住の国家機関のために、15,000 m2の大規模研究センターを開発しました。当施設には、ガラスとプラスチックフィルムハウス、廃水の蒸発冷却と再循環、きれいな水を持続的に供給する「Cycloon」が設備されています。

2017

アラブ工業化機構(AOI)

事例を見る
ワーゲニンゲン大学・研究

オランダ、ワーゲニンゲン

NPECの研究温室では、高処理能力の植物が研究されています。NPECとPhenoKeyの協力のもと、この温室は完全に自動化されており、搬送システムと水やりシステムが含まれています。さらに、各区画にはさまざまなカメラやセンサーが設置されており、多数の異なる植物の特性を測定・分析しています。

2020

ワーゲニンゲン大学・研究

AzRose

アゼルバイジャン、ガバラ

バラ生産者AzRoseの複合施設は約3haの広さで、年間190~210本/m²の生産をしています。当施設は耐震性、省エネ性に優れ、さらにHoogendoornの環境制御コンピュータでスマートになっています。

2019

AzRose

Klaas Schouten B.V.

オランダ、アンデイク

育苗会社のKlaas Schouten B.V.のためにフェンローをベースにした温室を建設しました。約2,400個のコンテナを内部輸送システムに設置しました。また、電気インフラの整備も行いました。そして最後に、新ビルに省エネ気候設備を導入しました。

2019

Klaas Schouten B.V.

製薬会社

カナダ、オンタリオ州

カナダの医療用大麻生産者のために、パートナーのAgriNomix、Flier Systems、Indigo Logisticsと共同で、初の大規模で完全自動化された栽培システムを実現しました。このプロジェクトでは、究極の空気循環のためのエアレーションホールを備えた全く新しいコンテナベースを開発しました。

2018

製薬会社

CH Biotech作物センター

台湾、南投

持続可能な植物成長調整剤、成長促進剤、高度な肥料を開発する南投CH Biotechには大規模研究施設を提供しました。

2018

CH Biotech作物センター

Rijk Zwaan Nederland BV

オランダ、デリエ

Rijk Zwaan Nederland B.V.は35,000 m2の施設を持つデリエの大手野菜種子育種会社。姉妹会社のMontera Techniekは、その施設の潅水システムを実現しました。34個のカスタムメイド貯蔵タンクで、容量と必要な柔軟性が保証されています。

2018

Rijk Zwaan Nederland BV

Norby LLC

Vロシア、ヴォルジスキー

ヴォルジスキーでは、大規模プロジェクト「Greenhouse 7」を実現しました。総面積は11ヘクタールに及び、完全に断熱された管理棟も含まれています。温室内の微気候には細心の注意が払われ、独立したファサードヒーター、高濃度CO2施用、大容量の高圧細霧システムが導入されています。鉄骨構造は当社で製造されました。管理棟はサンドイッチパネルで完全に覆われています。

2018

Norby LLC

Gospodarstwo Szklarniowe "Leonów" Sp.Z.O.O.

ポーランド、ニームチェ

この大規模プロジェクトは、10ヘクタールの温室で構成されており、気候設備、水、電気、Hoogendoornからの環境制御コンピュータを含みます。

2018

Gospodarstwo Szklarniowe "Leonów" Sp.Z.O.O.

アメリカの作物科学会社

チリ、アリカ

世界三大耕地作物育種業者の一つで、当プロジェクトではプラスチックフィルムハウスをベースにした大規模育種ステーションを提供しました。プロジェクトの立地は、世界で最も乾燥した砂漠の一つで、厳しい環境です。紫外線が非常に強く、地震の影響を受けやすい場所でもあります。温室の表面積は48,000 m2。

2018

アメリカの作物科学会社

Niels Kreuk BV

オランダ、アンデイク

チューリップ育種における初の新栽培コンセプトを実現しました。また、コンテナリフトの自動両面積み下ろしシステムを使用した3層の物流栽培システムを搭載しています。1日25,000個の球根のコンテナ輸送システムを開発しました。

2018

Niels Kreuk BV

Van der Peet Bloembollenbedrijf V.O.F.

オランダ、ベルクート

チューリップとシャクヤクの栽培者であるVan der Peetに、チューリップの育苗用の新しい温室を建設しました。

2017

Van der Peet Bloembollenbedrijf V.O.F.

V.W. Orchids

オランダ、ニーウアール

蘭の育苗会社V.W. Orchidsでは、環境制御設備とコンテナシステムを実現しました。

2017

V.W. Orchids

BANI YAS保護栽培研究センター

アブダビ、アラブ首長国連邦

アブダビにあるこの作物科学のクライアントのために、4,000 m2の大規模研究センターを開発しました。この施設は、断熱冷却をベースとした半閉鎖型温室と機械冷却をベースとした閉鎖型温室を組み合わせたものです。さらに、水回収システムも開発され、設置されています。現地の極端な気候条件に非常に適しています。

2017

BANI YAS保護栽培研究センター

J.W. Van Senten

オランダ、アールスメール

アールスメールにあるこの水耕栽培のために、初の移動式Grow & Rollシステムを開発しました。このシステムは、20フィート(おおよそ6m)のコンテナに完全に統合されており、環境制御と潅水制御を備えた移動式栽培システムを備えています。

2017

J.W. Van Senten

JMP Gospodarstwo Ogrodnicze

ポーランド、ステンジツァ

ステンジツァの生産者のために、地下の冷温水貯蔵を利用したガスを使わない温室を実現しました。1,110個のファンと304個の空気冷却器を設置しました。

2017

JMP Gospodarstwo Ogrodnicze

3B Fundus (Bunnik Vriesea's)

オランダ、クデルシュタルト

クデルシュタルトの鉢植え生産者のために、ロボットとカメラを備えた自動配送システムを実現しました。システムの容量は1時間あたり3,000本です。

2017

3B Fundus (Bunnik Vriesea's)

Enviro-Flor

ザンビア、ルサカ

ルサカの生産者のために、50,000 m2の施設の水と電気供給のシステムを開発しました。肥料注入装置付き潅水システムを設置しました。

2017

Enviro-Flor

Horizon SOPYRWA

ルワンダ、ムサンゼ

ムサンゼのプロパゲータのために、HoogendoornとHolland GreenTechと共同で、ジャガイモの植え付け材料栽培用の気候と潅水システムを備えた大規模のフィルム温室を実現しました。施設の広さは5,000 m2で、標高2,200mの厳しい環境に位置しています。

2016

Horizon SOPYRWA

LVG Plants

南アフリカ、クルーゲルスドルプ

クルーゲルスドルプの生産者のために、コレクターと太陽エネルギーをベースにした温室暖房を実現しました。合計で9,135 m2のソーラーコレクターと2,100 m3の蓄熱タンクを設置しました。

2015

LVG Plants

Floricultura

オランダ、ヒームスケルク

ヒームスケルクの育苗会社のために、温室と産業空間、特別に設計された457m3の蓄熱タンク(WOT)、気候設備(ガスを使わない温室)を開発しました。施設の広さは71,000m2です。

2015/2009

Floricultura

Jamuflor (Green Balanz)

オランダ、デクワケル

オランダのデクワケルの生産者のために、気候設備と電気システムを開発しました。平均容量475 Kwの水-水熱交換器を備えたCHP上の2台目の(追加の)排煙ガスコンデンサーが含まれています。

2014

Jamuflor (Green Balanz)

Olij Kenia Investments LTD (Dümmen Orange)

Naivasha, Kenia

Voor deze vermeerderaar in Naivasha, Kenia, realiseerde Bosman Van Zaal de kasverwarming met gebruik van zonne-energie. In totaal installeerden we 480 m2 zonnecollectoren, 650 m2 PV-panelen met batterijpakket. een elektrische ketel en warmteopslagtank.

2013

Olij Kenia Investments LTD (Dümmen Orange)

Van der Hoorn Orchideeën B.V.

Ter Aar, Nederland

Voor deze producent in Ter Aar, Nederland, realiseerden we het klimaatsysteem volgens het Kas zonder Gas-principe. Met behulp van warmte-koudeopslag in aquifers (95 meter diep en 150 meter van elkaar gescheiden), realiseerden we de eerste Kas zonder Gas. De oppervlakte bedraagt 15.000 m2.

2006

Van der Hoorn Orchideeën B.V.

実現したプロジェクト



 
Realised projects
Title
×
{html}
Scroll to top