連絡先

会社概要

Kassenbouw

Bosman Van Zaalは、食品、花卉製品、出発原料、医薬品作物の生産のための完全な園芸プロジェクトとシステムを設計・開発しています。

 
約100年の歴史があり、私たちが培ってきた知識と経験が現在の組織の基盤となっています。国際的な園芸業界、製薬業界、科学分野でのリーダー的存在です。

ビジョン

私たちは、世界の人口が膨大に増加し、ソリューションを必要としているため、よりスマートで持続可能な植物生産システムの提供に貢献したいと考えています。そのために、私たちは60人以上のエンジニアをメンバーとして迎え入れており、園芸技術の最新動向に常に対応し、統合データ技術を駆使しています。私たちは、お客さまの成功に必要なソリューションとシステムを創造します。

私たちの仕事の前提条件は明確です。効果的で、持続可能で、社会的責任がある、ということです。世界のどこにいてもです。私たちは、情熱的な起業家たちと一緒に正しいソリューションを見つけたいと考えており、彼らは私たちにさらなる発展を促してくれます。

チーム

Bosman Van Zaalのチームは、さまざまな分野や専門分野から集まった230人以上の仲間で構成されています。エキスパートの機械エンジニアからセキュアなソフトウェアエンジニア、経験豊富な溶接工から専任のサービス技術者まで。皆一つ屋根の下にいます。

近年、私たちは飛躍的に成長しましたが、小さな家族経営のような親しみやすさとオープンな雰囲気を維持しています。オフィスでも自社工場でも、従業員が気持ちよく、責任感を持って働ける環境を大切にしています。私たちは、仕事とプライベートの健全なバランスを奨励しています。仕事以外でも同僚と親しくなるために、ボーリング大会や夏のバーベキューなど、さまざまなアクティビティが企画されています。

歴史

その歴史は、1921年にアールスメアに設立された「Bosman Kassenbouw」社に始まり、木材、スチール、アルミニウムを使った堅牢な温室を開発しました。1968年、Frans van Zaalは小さな小屋で暖房・栽培システムの製造を開始しました。

この成功により、アメリカで最も重要な生産者の1つにローラーテーブルベースの栽培システムを提供する機会を得ました。これにより、グローバルな展開が可能になりました。

1988年には地元の水道・電気工事会社を買収し、2008年と2014年にはCrea-Tech InternationalMontera Techniekが企業のパートナーシップに加わりました。

2014年、BosmanとVan Zaalの事業体が1つのオーナーのもとにまとまり、Bosman Van Zaalという名称がスタートします。ボスマン・ヴァン・ザールは、今でも家族経営を続けています。

グループ

Bosman Van Zaal
食品、観賞用植物、医薬品の生産のための完全な設備を実現。
ここをクリック
Montera Techniek
オランダの園芸産業における水と電気のスペシャリスト。
ここをクリック
Crea-Tech Int.
包装や加工などのプロセスを自動化するための機械を設計・製作します。
ここをクリック
Indigo Logistics Software Solutions
Indigo Logistics
園芸分野の複雑な物流問題の自動化とソフトウェアを実現。
ここをクリック
Synalgae
食品や医薬品原料のための革新的な設備を完備しています。
ここをクリック
GreenPEAK-IT
自律栽培のためのデータ管理・予測ソフトを開発。
ここをクリック

持続可能性

ボスマン・ヴァン・ザールは、お客様、従業員、環境のために、品質、健康、安全、持続可能性を追求しています。

設計、エンジニアリング、製造、設置における当社のアプローチは、当社のシステムの最高品質を保証し、お客様と従業員の安全を確保するために最適化されています。このアプローチは、生産現場や建設現場で継続的にモニターされた登録済みの作業プロセスと手順に従って行われます。これらの手順やプロセスの遵守状況は、外部の独立した監査機関によって毎年チェックされています。

私たちはお客様の持続可能性への意欲を共有しており、CSRは私たちの組織の中心でもあります。これまでにもさまざまな取り組みを行ってきました。例えば、本社は完全に太陽光パネルで稼働しており、熱や冷気の需要は地下の熱・冷気貯蔵庫とヒートポンプで賄っています。

コラボレーション

もっと知りたい?

お問い合わせページでは、当社の連絡先、所在地、サプライヤーをご覧いただけます。

証明書

Scroll to top