垂直栽培施設

より高い収量をより少ない環境負荷で

連絡先
 

より小さな

表面積

クリーン

栽培

節約

肥料・水・エネルギー

迅速な

生産

 
 

垂直栽培施設は、食糧需要の増加問題の解決策の一つです。階層構造システムは、より小さい表面積でより少ないエネルギーと水を使用しています。また、生産は一年中行われるため高い収量が得られます。

Grow & Rollシステム

持続可能性、利便性、高収量が最重要視される都市環境において、既存の建物や新しい建物に垂直栽培システムを構築しています。当社の垂直栽培・園芸システムの構成要素の一つとして、Grow & Rollをご紹介します。

Grow & Rollでは、ハウス内環境、栽培システム、水、電気、制御システムなどのノウハウを結集し、考え抜かれたシステムを開発しました。多層カートを備えた移動式コンテナは、種子、挿し木、作物の効率的な栽培のための密閉型ラボとして機能します。

環境制御コンテナ

コンテナ内では、温度、湿度、光、CO2、潅水を調整することにより、希望の環境を再現できます。各モジュールには、水の接続を含む独自のドッキングステーションがあり、さらに白色成長光と空気・水の消毒用のUVを備えた調光可能なLEDも装備。空気の循環は微調整することで、湿気や温度の問題を最小限に抑えられます。可動式モジュールにより、容器の消毒が容易になります。熱交換器によりエネルギー回収が可能です。

スマート分析

環境制御は、パートナーであるHoogendoorn社のコンパクトなコンピュータ「iSii」で管理されており、栽培条件を測定・記録しています。これにより、インターネット経由で簡単に分析が可能になります。Grow & Rollを使えば、常に、効率的かつ迅速に生産ができ、スペース・水・エネルギーを節約できます。

Read more about our research containers here.

 
Scroll to top