News

特殊な物流システムで野菜の増殖をスピードアップ

8月 19, 2021

ピーマン、トマト、キュウリなどの苗を生産しているカナダのRoelands Plant Farms社で、ボスマン・ヴァン・ザール氏による最新の栽培システムが稼動しました。Roelands Plant Farms社は、土耕栽培ではなく、ハイテク栽培システムを採用している数少ない野菜の出発原料生産者です。 

適応と拡大

ボスマン・ヴァン・ザール社は、既存の栽培システムをさらに開発、改良、拡張しました。温室内のトラックはフレールトラックとプッシュオフで構成されており、作業エリアではコンテナの充填、拡幅、搬出が行われます。充填工程ではOHC(天井クレーン)が空容器の供給を行い、拡幅・配送工程では2台目のユニットが空容器の供給と取り出しを行います。空容器はサンドウィッチウォッシャーで洗浄されます。

より速い成長過程

特別に設計された栽培システムを適用することで、より良い環境を作ることができ、出発原料の安定した高品質を保証することができます。さらに、廃棄物が少なく、プロセス操作によるダメージもほとんどありません。Roelands Plant Farmsの先進的な栽培システムにより、成長プロセスが早くなり、単位当たりの生産コストが削減される。さらに、このシステムは労働力のコスト削減をもたらし、また労働条件の改善にも好影響を与え、従業員がより楽しく仕事ができるようになる。

ボスマン・ヴァン・ザール社は、世界中に物流栽培システムを提供しています。特に収穫・加工作業の自動化・ロボット化については、姉妹会社であるCrea-Tech社の専門知識を活用しています。

連絡先
Scroll to top