冷暖房

システム

理想的な環境を作るために、どんな状況下でも冷暖房、光、CO2、湿度を完璧に一定に保つようにしています。

気候は、作物の生産量や品質、そして一年を通して栽培したいと思うかどうかに重要な役割を果たします。そのため、極端な気候条件に関わらず、お客様の状況に合わせた完璧なコンスタント・ミックスを実現します。さらに、省エネにも配慮しています。例えば、私たちは最初に「ガスのない温室」を実現しました。また、Wageningen大学では、ヒートポンプを利用して複数の温室を熱冷媒リングに接続しました。これにより、天然ガスを使用せずに冷暖房を行うことができます。

冷却

Adiabatic

断熱冷却では、暖かい空気が冷却パッドの中で蒸発することにより、5~10℃ほど冷やされます。温室内の冷気を均一にする排気ファン。軸流ファンは、より深い温室でも良い分布を確保します。また、使用可能なCO2は外部から継続的に供給されます。この「Pad & Fan」は、涼しくてきれいな空気を確保するための持続可能な方法です。

冷たい水

暖房中のヒートポンプでは、副産物として冷水を生成することができます。あるいは空冷式の冷却機で。これにより、水は6~12℃に冷却されます。冷えた水はそのまま温室で使うことができます。短期間であれば、冷水用の貯蔵タンクに保存することもできます。長期的には、土壌保存システムで保存することができます。

CO2

ガスコンデンサーやCO2の取り付けを行っています。CO2を輸送するために、PVCパイプが供給され、地中に設置されます。温室内の分配には、屋根の長手方向にCO2チューブが設置されています。

ファン

栽培エリアの空気を水平・垂直に循環させるためのファンを供給・設置しています。また、スクリーンクロスの上からの温風が下の空気と混ざるように、スマートアプリケーションを導入することもできます。これにより、30~50%の省エネ効果が期待できます。

シールド

遮光布や完全遮光のスクリーンは、Svenssonをはじめとする有名なサプライヤーから提供されています。太陽光の力や熱を跳ね返したり、軽減したり、二重の断熱効果があります。

暖房

お湯

チラーには熱回収装置が搭載されています。55℃までのお湯を作ることができます。この温水は、夜間に空気調和機で使用され、凝縮後の温度を上昇させ、排出される空気のRHを下げるために使用されます。

ボイラー

バーナーを熱源とする温水ボイラーは、高品質な構造と高い断熱性を特徴としており、最大出力での連続運転に適しており、メンテナンスコストも低く抑えられています。大型炉の採用により、NOXの排出量を非常に低く抑えることができます。

タンク

私たちは、様々なサイズの温水貯蔵タンクを供給しています。断熱材とクラッディングは標準的なRAL色でスプレーされています。タンクと屋根の設計・施工は、EN14015に準拠しています。タンク内の水は40〜90℃。

販売店

ヒーティングマニホールドには、様々なヒーティンググループの出力があります。パイプレール加熱、モノレール加熱、壁面加熱、融雪加熱、テーブル下加熱、包装エリアの加熱・冷却、灌漑用水熱交換器+加熱などがあります。

バーナー

バーナーファンに入る前の燃焼空気を暖めるために、必要な空気処理装置と混合グループの材料がボイラーハウス内の分配ユニットに供給されます。

(セミ)クローズドな気候

ClimaPora

当社のClimaPoraコンセプトは、近年開発された最も完成度の高い空気処理システムです。温室の一部として統合されており、最新の空気処理と制御の機能をすべて備えています。

その他の製品

Kassenbouw

温室

Kassenbouw

ボスマン・ヴァン・ザールは1921年から温室を作っています。ヴェンロ温室、フォイル温室、ワイドスパン温室、社屋建設を内製しています。

>


物流

Kassenbouw

手動で機械化されたシステムから、機械的または電気的な制御とソフトウェアを含む完全に自動化されたロボットソリューションまで。

>



Kassenbouw

作物に水と栄養を与えるために、私たちは曵き水、水耕栽培、ミストシステムなど、信頼性の高い持続可能な水システムを実現しています。

>


エレクトラ

Kassenbouw

工場を駆動するための電気システムを設計し、気候コンピュータや栽培用ライト、コージェネレーションを導入しています。

>


ソフトウェア

Kassenbouw

私たちは、最も一般的に使用されている気候および灌漑用コンピューターの正規の設置業者です。また、ISALの管理ソフトや表現型の施設の開発も行っています。

>

もっと詳しく知りたい、または見積もりを依頼したいとお考えですか?

近いうちにお話しましょうか。

お気軽にお電話やメールでお問い合わせください。

Scroll to top