特色

垂直農法

歩留まりが良く、環境負荷が少ない

Kassenbouw

垂直農法は、食糧需要の増加という問題に対する解決策の一つです。マルチレイヤーシステムでは、表面積、エネルギー、水の使用量が少なくて済みます。また、一年中生産が行われているため、収穫量も多くなります。

少ない

表面積

クリーン

な栽培

肥料

の節約

迅速な

生産開始

Grow & Roll

ボスマン・ヴァン・ザールでは、既存の建物や新築の建物、多くの場合は都市環境において、持続可能性、利便性、高い収率が最優先される垂直生産システムを構築しています。縦型農園芸システムの構成要素の一つとして、Grow & Rollを紹介します。Grow & Rollでは、気候、栽培システム、水、電気、制御システムに関する当社の専門知識を結集し、考え抜かれたシステムを開発しました。多段式のカートを備えた移動式コンテナは、種子、挿し木、作物を効率的に栽培するための閉鎖的な実験室として機能します。

クライメイトチャンバー

コンテナの中では、温度、湿度、光、CO2、灌漑などを調整することで、任意の気候を再現することができます。各モジュールには、水の接続や、調光可能なLEDランプ(白色成長光)と空気や水を殺菌するためのUVの電気接続を含む、独自のドッキングステーションがあります。空気の循環を微調整することができます。湿気や温度の問題も最小限に抑えられます。可動式のモジュールにより、容器の消毒が容易になりました。熱交換器によるエネルギー回収が可能です。

スマートな分析

パートナーであるHoogendoornの小型気候コンピュータ「iSii」で気候を制御し、栽培条件を測定して登録しています。これにより、インターネットで簡単に分析ができるようになりました。Grow & Rollを使えば、常に効率的かつ迅速に成長し、スペース、水、エネルギーを節約し、より高くクリーンな生産を実現することができます。

その他の専門分野

F-CLEAN

最適な光透過率で

>

医薬品

品質が重要な場合

>

自律型

スマートに統合

>

閉鎖

温暖な地域での栽培に

>

ガスなし

ガスを使わない持続性

>

私たちの専門分野についてもっと知りたい、あるいは見積もりを依頼したいと思いませんか?

近いうちにお話しましょうか。

お気軽にお電話やメールでお問い合わせください。

Scroll to top